Staff Blog

2011年7月28日 木曜日

噛むことの8大効用


今日は 『噛むこと』 がどれだけ重要であるかのお話デスhappy01



年をとるにつれて
食べ物を噛む力は低下します



最近はやわらかい食べ物が多く
噛まずに飲み込んでいる人も少なくありません



噛まないことが多くなると
噛むときに使う筋力が低下し
知らない間に軟らかい食べ物を選ぶようになり
咀嚼(そしゃく)機能はどんどん低下していきます




こうした悪循環が繰り返されることで
食欲が低下し
その結果『低栄養状態』に陥ってしまいます




噛むことの8大効用は・・・




肥満とともに生活習慣病を防ぎます
 よく噛んで食べると、満腹中枢からの指令がちゃんと出るので
 食べ過ぎることもなく、肥満を防ぎ、生活習慣病の予防につな
 がります。

脳の働きを活発にします
 噛むときにあごを開けたり閉じたりすることで、脳への血液循環
 が良くなり、脳細胞の働きが活性化します。

味覚の発達をうながします
 よく噛むことで、素材そのものの味を楽しむことができるようにな
 り、生きる意欲にもつながります。

歯の病気を防ぎます
 よく噛むと唾液がたくさん出ます。唾液には口の中を清潔に保つ
 自浄作用や殺菌作用があり、歯を失う2大原因である虫歯や歯
 周病を防ぎます。

ガンを防ぎます
 唾液には発ガン性物質の働きを抑える酵素が含まれているので
 ガンの予防になります。

胃腸の働きをよくします
 よく噛むと、食べ物が消化されやすいようにキチンと咀嚼され、また
 消化酵素がたくさん出るので胃腸の負担が軽くなると同時に胃腸の
 働きが活発になります。

言葉の発音がキレイになり、顔の表情も豊かになります
 歯があるとハッキリ発音ができ、会話が楽しめます。また、顔の表情
 筋も刺激するので、表情が豊かになります。

全身の体力がアップします
 咀嚼能力と全身の運動機能は大きく関係します。日常生活に必要な
 筋力を強化することは、咀嚼機能にも効果をもたらします。
 


よく噛んで食べることは
shine健康の源shineなんですねnote




【熊本市・健軍町・水前寺でインプラントするなら添島歯科クリニックへ】

投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30