子供の矯正・小児矯正

2018年6月29日 金曜日

こども歯ならびセンター美術館

添島歯科クリニック院長は美術館めぐりが趣味なんです〜happy01

院長は昔から「美術作品を観る眼を養いなさい。必ず歯科に役立つから」といいますsign03

そしたらなんとhappy02

先日の新聞に、米テュレーン大学とトマスジェファーソン大学の研究チームが

音楽や文学、美術などの人文学に親しんだ医学生ほど

他者への思いやりや忍耐強さといった医師に求められる特性を備えているとする

調査結果を明らかにしましたflair


医師は芸術で磨かれるとheart04

まさに院長がずっと言ってきた事ですlovely

芸術や文学は医学部の授業で二の次にされがちですが、

将来の優れた医師を育てるのに役立つとみているそうですよsmile



添島歯科クリニックは患者さまがリラックスするよう、

美しい絵でおもてなしをしていますshine

当院の矯正部門「こども歯ならびセンター」にも院長セレクトによる絵がnotes

受付に飾られた一枚の絵画



「母と子ども」(メアリー・カサット 1899年頃)


アメリカ生まれの印象派女性画家、カサット

「母と子ども」を描いた作品が多く、子どもに向ける母の愛情に満ちた眼差しが印象的です


私たちもまさにこの眼差しをもって患者さまと向き合い、「口福楽笑」の人生へのお手伝いをしていきたいと考えていますwink







投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック