子供の矯正・小児矯正

2019年2月22日 金曜日

鼻呼吸と口呼吸

「食べたり話したりするとき以外は、お口を閉じて舌を正しい位置に、そして鼻で呼吸をするのが、良い歯並びへの近道だよ」
当院の矯正に通う子どもちゃん達に伝えている、キーワードです

ただ、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎に悩み、わかってはいるけどなかなか口呼吸がやめられない、というケースがとても多いのが実態です


鼻炎ってイヤですよね
鼻詰まりや鼻水、くしゃみなど、鼻の調子が悪いと、集中力が落ちたりよく眠れないなど、様々な角度から健康に悪影響を与えます

そもそも鼻はにおいを感じるだけの器官ではありません
吸った空気のホコリやウイルスなどを除去し、加温・加湿調整もするほか、脳を冷却するラジエーターとしての役目も担っています
低温の乾いた空気をフィルターも通さず直接体内に取り込む「口呼吸」をするのは、動物の中で人間だけなんだよ、と子どもに話すと、みんな「あ~、それはちょっと損してるよね」という反応をします

それぞれの原因に合った治療や習慣の改善などでケアして、強い体を作る事も将来の健康のために大切
お鼻にうまく仕事をしてもらえるよう工夫したいものですね

投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック