子供の矯正・小児矯正

2019年6月10日 月曜日

ビタミンCの落とし穴

美容と健康に役立つ栄養素といえば、まず思いつくのは「ビタミンC」
誰でも知っているこのビタミンCですが、実はある物質と結びつくと、発がん性物質が発生する危険性があるのをご存知でしょうか?


その物質とは「安息香酸ナトリウム」
どこかで聞いた事があるかも知れませんが、清涼飲料水などに防腐剤として添加されています
ビタミンCと一緒に入っているものも少なくありません



これがある条件下でビタミンCと化学反応を起こすと、「ベンゼン」という物質ができます
ベンゼンはなかなか分解しないため体内をぐるぐると循環し、特に骨髄に影響を及ぼして白血病の原因にもなりうる、と言われています

WHOが定める「飲料水ガイドライン」の濃度基準をクリアしてはいるそうですが、やはり怖い発がん性物質
コンビニや自販機で簡単に買える身近な飲み物ですしね

清涼飲料水に限らず、子どもちゃんのお口に入れるものには注意を払いたいものですね

投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック