子供の矯正・小児矯正

2019年8月27日 火曜日

妊婦さんは歯周病にも要注意!

放っておくと全身の病気につながる、こわい歯周病
妊婦さんにとっても、早産や低体重児出産を招く、憎むべき敵なんです

妊娠中は、女性ホルモンが急激に増加して、口腔環境が変化します
つわりのせいで、いつもの歯磨きもイヤになる時期ですね

ところが、歯周病菌の中には女性ホルモンにより活性化するヤツがいて、歯周病が急激に悪化しやすくなります
昔から俗に、お腹の赤ちゃんにカルシウムを取られるから妊娠中は歯が悪くなると言うのはウソで、実は女性ホルモンによって歯周病が進むのです

そして患部で炎症物質が多量に分泌されると、お腹の赤ちゃんの成長を邪魔して、早産や低体重児出産などのリスクが高まってしまうのです



しかし、妊産婦健診の中で歯科検診を受診する人の割合は、まだまだ少ないのが現状です

毎日ていねいにブラッシング、
それに、つわりが治る4〜5ヶ月頃までは歯科医院で定期的に検診して、治療が必要であれば妊娠中期になってから行うのが良いでしょう

お口の中から健康を保って、元気な赤ちゃんに会いたいものですね



投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック