子供の矯正・小児矯正

2019年10月28日 月曜日

「舌は下ではなく上に」

こんにちは!
こども歯ならびセンター受付の西岡です(^^)

先日、広島で歯科医師をされている宗廣素徳先生の研修を受講しました。
宗廣先生は「舌は下ではなく上に」という書籍も出版されていらっしゃいます。

今回、宗廣先生の研修でKeep upという装置を体験しました。
この装置は、舌を吸盤化して口蓋に吸い付けて舌を正しい位置におくトレーニングをするというものでした。
装置をつけるだけで、脳が活性化して集中力が高まることや体温の上昇、唾液が出ることによってドライマウスの改善、難聴の改善など様々な効果が得られることを知りました。

実際に私が装置をつけてすぐ体感したことは、体温の上昇と唾液の分泌です。
私は、低体温で年中冷えに悩まされているのですが、装置をつけて数分もしないうちに体がポカポカしてきて、体温が上昇していると感じました。今まで、どんな冷え対策をしてもなかなか温まらなかったのが、この装置で舌を正しい位置においただけで変化があったのでとても驚きました。また、装置をつけていないときとつけているときの唾液の分泌量があきらかに違いました。

数分で体感することができたので、これから習慣化して装置を使用することで、他にどのような変化があるのか楽しみです。

舌が上がると顎のたるみもよくなります。
 美肌、ほうれい線、小顔、便通、滑舌効果も期待できると評判で、女性からの人気も上昇中なので、ぜひお試しいただきたいです。
装置を使用するためには、型どりなどの資料が必要となります。
ご興味ございましたらスタッフにお声掛け下さい!(^^)!

皆さんもkeep up装置をつけて、オードリーヘップバーンを目指しましょう( *´艸`)♪





投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック