子供の矯正・小児矯正

2020年6月 8日 月曜日

歯の守護聖人・アポロニア

マネージャーの正木です
西洋に、歯にまつわるモノ凄い伝説をもつ人がいるのをご存知でしょうか?



彼女の名は「アポロニア」

ローマ帝国時代、キリスト教徒だったアポロニアは国の迫害に遭い、全ての歯を引き抜かれ、生きたまま火あぶりにされそうになりましたが、なんと彼女は自ら炎の中に飛びこんで、殉教しました
炎に焼かれながらアポロニアは「歯痛に悩む人が私の名をとなえれば、その苦痛から逃れられるだろう」と叫んだと伝えられています
そして後年、その堅い信仰心からアポロニアは聖人の列に加えられ、2月9日がその祭日となりました
当時も歯の疾患に苦しむ人は多く、「歯の守護聖人・アポロニア」の崇拝は急速にヨーロッパ各地に拡がり、教会にアポロニア像などが飾られるようになったそうです

日本でも歯の痛みを癒して下さる「歯の神様」を祀った神社仏閣などは各地にあります
今も昔も、歯やお口の病気は庶民の身近な悩みなんですね

私たちとしても、アポロニア様の手をなるべく煩わさないで済むように、普段から皆さんのオーラルケアをしっかりお手伝いしていきます!!



投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック