Staff Blog

2016年8月27日 土曜日

歯を白く!

みなさんこんにちは!
今日は歯を白くする方法をお伝えします。
「歯を白くする」と言うとホワイトニングを思われる方も多いと思います。
しかし、今からお伝えするPMTCというものは
歯本来の白さを取り戻す方法です!

添島歯科クリニックでは専用のブラシで行うものとエアフローという機械で行う2種類をご用意しています。

歯は普段の食事や煙草のヤニ、コーヒーなどの飲み物により、ステイン(着色)がついてしまい、
黄ばんできたり茶色く変色してしまいます…!

そのステインをこのPMTCで綺麗に落とすことで歯本来の白さを取り戻します!

ステインを落とし、歯石取りと最後にはフッ素塗布までして5400円かかりますが、お値段に見合う満足を感じて頂けると思います!

みなさんお気軽にご連絡下さい!

pic20160827210630_1.jpg

pic20160827210630_2.jpg

投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック | 記事URL

2016年8月25日 木曜日

ご紹介( ^ω^ )

みなさんこんにちは\(^o^)/
もう夏休みも終わりの時期ですね、、
夕方も薄暗くなる時間が早くなってきて
少しずつ秋になってきているのかなと
密かに感じています♡

秋は食べ物が美味しい時期ですので
今から楽しみでしょうがないです(ノ_<)

夏から秋になる季節の変わり目、、、
今年は夏風邪も流行っているようですね( ; ; )
喉が痛かったり、鼻水が出たりと症状も様々ですが、風邪予防にはうがいや手洗いをして予防をしていきましょう( ^ω^ )

そこで、手洗いうがい以外にも歯磨きで口腔内を綺麗にすることで細菌を体内に入れないことが大切です( ; ; )

そこで添島歯科のオススメの商品をご紹介します♡

♡歯磨剤♡
・オーラルピース
・チェックアップ
オーラルピースは歯磨剤としても保湿剤としても使用できます。
チェックアップはフッ素が多く含まれているために虫歯予防に最適です

♡歯間ブラシ・フロス♡
歯と歯の間の汚れは歯ブラシだけでは取れません( ; ; )
そんな時は補助用具を使用し口腔内を清潔に保ちましょう

♡歯ブラシ.タフトブラシ.義歯ブラシ♡
当院には歯ブラシにも多くの種類があります。
固めの歯ブラシではなく、柔らかい歯ブラシで
磨いてあげてくださいね( ^ω^ )
どの歯ブラシが良いのか分からない時は歯科衛生士が患者様の口腔内に合った歯ブラシを選ばせていだきます(ノ_<)

口腔内を綺麗にし風邪予防等しっかりしていきましょう♡







pic20160825191040_1.jpg

投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック | 記事URL

2016年8月24日 水曜日

鼻呼吸してますか?

「歯並びが乱れるし健康にも悪いので、子供の
口呼吸をどうにかしてやめさせたいけど‥」と
悩む保護者の方は多いのではないでしょうか。

実は私も、幼い頃からポカーンと口を開けて
ボサーッtulipと立ってるような子で、母から
「見苦しかけん、口ば閉じなさい!annoy」と
叱られまくって育ちましたが、結局今でも
気づくと口が開いてしまっている事がbearing


これまでの習慣を気合のみpunchで改めるのは、
そうなった原因によってはなかなか難しいもの。
お子さん本人の努力の他にも助けが必要です。

当院の「MRC矯正」はお子さんの成長に合わせた
治療法です。
当院MRC認定医・えみ先生が、本日の
「リビング新聞」で、早い段階のうちに
ご相談を
、と呼びかけていますよ。


投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック | 記事URL

2016年8月23日 火曜日

大人だけじゃない!睡眠時無呼吸症候群

「睡眠時無呼吸症候群(以下SAS)って、
メタボpigな おぢさんの病気でしょ??
カワイイうちの子には関係ないもんね~sun

とお思いのあなた!!とんでもありません。


ある調査では、小学1年生の4.5%に
睡眠時の無呼吸が見られる、との結果が出ているのですwobbly


もし、子供がいびきをかくことが多く、さらに。。。

①呼吸時に胸がへこむ
②いつも鼻づまりで口呼吸をしている
③集中力・落ち着きに欠ける
④授業中居眠りが多い
⑤イライラしやすく短気
⑥背が低く痩せている


といった傾向が見られたら、要注意。
成長の遅れ、思考力や成績が落ちて苦しむ前に
一度、あごの成長程度を歯科で診てもらいましょうhospital

大人のSASとは違い、子供の場合、
あごの成長が不十分で気道が狭いのが原因であれば、
当院の「MRC矯正治療」で改善する可能性が充分ありますflair



顔の骨の成長を味方に、正しい呼吸ができる
よい顔つきを目指します。

「寝る子は育つ」とはまさにその通り。
安心してぐっすり眠るのが、子供の健康にとって
一番大事なことと言えますhappy01

お子様の健やかな成長のために、
気になったらすぐご相談くださいねshine



投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック | 記事URL

2016年8月19日 金曜日

歯科が関わる睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に呼吸が止まる状態が続き、日常生活に
様々な障害を招く「睡眠時無呼吸症候群(以下SAS)」

放っておくと高血圧や心筋梗塞などのリスクが高まる現代病です。
では、その治療はどの病院へ行けばよいでしょうか?

SASは「睡眠外来」のようなSAS専門の医療機関もあれば、
内科、呼吸器科、耳鼻咽喉科なども対応しています。

その中でも、医科でSASと診断されると、
歯科で「スリープスプリント」という装置を作ることができます


睡眠時の気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を
防ぐもので、当院でも経験豊かな歯科医・技工士が、
精巧なスリープスプリントをお作りしています。

いびきや日中の眠気などにお悩みの方は、
早めにSAS専門外来を受診のうえ、
当院までご相談ください。



投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック | 記事URL

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30