Staff Blog

2020年6月17日 水曜日

「朝起きてすぐ命守る歯磨き」


↑画像クリックでインスタグラムもぜひご覧ください♪

こんにちはhappy01
受付の西岡ですnote
「朝起きてすぐ命守る歯磨き」
院長の投稿が6月16日₍火₎の熊日新聞に掲載されましたshine
ぜひご覧くださいconfident

みなさん朝も歯磨きしていますか?
私は朝昼晩の歯磨きらもちろん、
最近舌ブラシでの舌清掃もはじめましたhappy01
舌清掃は舌がキレイになるだけでなく
お腹の調子もよくなるんですよsign01

口腔内をキレイにすることは全身の健康とも
大きく関係していることがよく分かりますsign01

投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック | 記事URL

2020年6月13日 土曜日

脳を鍛えるには運動しかない!①運動と脳に関するケーススタディ

(前回の続き)第一章「革命へようこそ」

アメリカのある高校での実験、
始業前に体を動かす「ゼロ時限体育」に取り組んだ生徒たちが、見事に成績アップを果たしました
期末テストでは、朝寝坊を優先した生徒たちの点数アップ率は10%だったのに対し、ゼロ時限体育に出席した生徒たちは、17%の伸びを見せたのです
この点差の大きさは、勉強に苦労した私にはよくわかります(笑

有酸素運動に刺激され、脳が「学習するよ!」の状態になって、ニューロンが新しい結びつきを活発に作った、という事が証明されました
生徒は「早起きしたり、汗まみれにならなきゃいけないけど、一日中、以前より目が覚めている感じがする」と自己評価したそうですよ

また、脳を電気的に測ったところ、体が健康な生徒の方が、脳もより調和のとれた働きをして注意力を保っている、との結果が示されました
つまり、「体に良いこと = 脳にも良い」のです



実験校では、体育は運動能力のトレーニングではなく「フィットネス=健康」に着目し、生徒のやる気を起こさせるもの、との意識改革を起こしました
私たちも、日々の暮らしの中で決まった時間に「頭を動かす前には体を動かす」ような習慣をもつと、より仕事の効率が上がるかもしれませんね

投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック | 記事URL

2020年6月12日 金曜日

「脳を鍛えるには運動しかない!」を読んで

マネージャーの正木です

以前にもふれましたが、筋肉だけでなく、脳を鍛えるためにこそ大事な「運動」
コロナ時代の新しい暮らしの中で、改めてその必要性を認識しています

「脳を鍛えるには運動しかない!」(ジョン・J・レイティ著/NHK出版)は、最新科学によりわかった「運動と脳細胞」との関係が紹介してあり、とても面白かったです!
そこで、これからその中身をなるべく簡単に、少しずつシリーズでご紹介していこうと思います
お楽しみに!



今回は、巻頭にある読者へのメッセージをご紹介します

「人生において成功するために、神は人に
 ふたつの手段を与えた。
 教育と運動である。
 しかし、前者によって魂を鍛え、後者によって
 体を鍛えよ、ということではない。
 その両方で、魂と体の両方を鍛えよ、
 というのが神の教えだ。
 このふたつの手段によって、
 人は完璧な存在となる。」(プラトンの格言)

プラトンほどの人でも「理屈をこねてるばっかじゃなくて、体も動かさなきゃダメよん」って言ってるんですから、これは聞くべき言葉ですよね(笑)

皆さんは、お家で運動を楽しんでいますか?
まだ‥‥という方は、手軽なものでOKですので、試してみてはいかがでしょうか?

投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック | 記事URL

2020年6月 9日 火曜日

口育士・えみ先生

マネージャーの正木です

2月に姪っ子ちゃんができた、えみ先生^ ^
もうメロメロです❤️



さて、えみ先生は赤ちゃん歯科ネットワークの会員で、口育協会の口育士でもあります
えみ先生は自身も矯正専門の歯科医師ですが、願いは「矯正しないですむ子がたくさん育ってほしい!」
赤ちゃんのお口の発達と身体の発達はリンクしており、赤ちゃんが産まれて歩くまでの1年間はとても大事と考えています

赤ちゃんはいつから歯医者に通うの?とお思いのみなさま、ぜひ妊娠中にえみ先生の『歯ならび子育て』のお話をお聞きください^ ^
子育てグッズの検証も行いますよ〜

わたしもはじめて聞いた時は、0歳児の育て方の重要性を知って驚きました!
へぇ〜っとなることがたくさんの歯ならび子育て、気になる方はご連絡ください^ ^

投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック | 記事URL

2020年6月 8日 月曜日

歯の守護聖人・アポロニア

マネージャーの正木です
西洋に、歯にまつわるモノ凄い伝説をもつ人がいるのをご存知でしょうか?



彼女の名は「アポロニア」

ローマ帝国時代、キリスト教徒だったアポロニアは国の迫害に遭い、全ての歯を引き抜かれ、生きたまま火あぶりにされそうになりましたが、なんと彼女は自ら炎の中に飛びこんで、殉教しました
炎に焼かれながらアポロニアは「歯痛に悩む人が私の名をとなえれば、その苦痛から逃れられるだろう」と叫んだと伝えられています
そして後年、その堅い信仰心からアポロニアは聖人の列に加えられ、2月9日がその祭日となりました
当時も歯の疾患に苦しむ人は多く、「歯の守護聖人・アポロニア」の崇拝は急速にヨーロッパ各地に拡がり、教会にアポロニア像などが飾られるようになったそうです

日本でも歯の痛みを癒して下さる「歯の神様」を祀った神社仏閣などは各地にあります
今も昔も、歯やお口の病気は庶民の身近な悩みなんですね

私たちとしても、アポロニア様の手をなるべく煩わさないで済むように、普段から皆さんのオーラルケアをしっかりお手伝いしていきます!!

投稿者 医療法人社団平和会 添島歯科クリニック | 記事URL

カレンダー

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ