ホーム > 治療メニュー > 歯周病

歯周病

歯周病治療について

1つでも当てはまったらあなたは歯周病かもしれません
歯磨きをすると出血する
歯の間に食べたものがはさまる
歯茎がムズムズする
口の中がネバネバする
硬いものが咬めない
歯が浮いたような感じ

30代日本人の80%の人が歯周病!

治療の流れ

①審査及び資料どり

あらかじめ予診表と問診で患者様の訴えを聞いた後に、お口の診査と必要な資料どりを行います。

②診断

以上の情報から歯周病の原因の分析と診断を行った後、治療方針を患者様に説明し同意を得て治療に入ります。

③初期治療

初期治療とは歯周病治療の第1歩で、最も重要なステップです。
歯科衛生士による効果的なプラークコントロールとスケーリングで歯肉の炎症をコントロールします。初期の歯周病はほとんど初期治療のみで治ります。
                              歯石除去に対する当院のこだわり

④再評価

初期治療が終了した時点で、炎症がコントロールされているかどうか検査します。

⑤歯周外科

再評価の結果、炎症が残っていて初期治療のみではこれ以上治療が望めない場合には、患者様の同意を得て、麻酔を行い歯根面が良く見える状態にして細菌に侵されたセメント質や歯石を除去し、歯根面を滑沢にします。手術といっても1時間程で終わり入院も必要なく1週間後にはブラッシングできる状態になります。

⑥補綴・メインテナンス

歯周治療後の良い状態を長く維持するためには、正しいブラッシングと再度歯周病にしないという患者様の強い熱意が必要です。
年に数回の定期的な検診と歯科衛生士によるプロフェッショナルな歯のクリーニングでそれが可能になります。

歯周再生治療

歯を抜かずに骨を再生する方法。
今までは、歯周病になると「抜歯して入れ歯」というのが一般的でした。
抜歯!?…誰だって歯は抜きたくないですよね?
当院では歯周病で失われてしまった骨を再生させる「GTR法」「エムドゲイン法」という方法を応用し非常に良好な結果を得ています。
これらの方法は非常に高度な治療技術を要するため、歯科医師なら誰でもできるという治療ではありません。

エムドゲイン(歯周組織再生誘導材料Emdogain)

スウェーデンのビオラ社で開発された最も新しい姿勢材料です。
歯周外科処置の際に歯根面にエムドゲインを塗布することにより長期にわたり骨や歯周組織を再生させます。当院では、エムドゲインに人工の骨を混ぜて使うことにより、より良い結果が得られる様に努力しています。日本では1998年に厚生労働省の認可がおりている薬剤です。

下のレントゲン写真は、エムドゲインを使った歯周治療前後の骨の様子です。エムドゲインとその後の補綴治療により骨欠損が大幅に改善した症例です。

GTR法(GuidedTissueRegeneration)

GTR法はエムドゲインと同様、歯周病によって失われた骨を再生させる方法ですが、この方法は、“メンブレイン”という特殊な膜を用いて行います。
現在は、GTR法は手術方法が複雑なため同程度の結果が得られるエムドゲインの方が主流になっています。
ただし、大きな骨欠損にはエムドゲインより良好な結果が得られますので状態にあわせて選択します。

  • 症例はこちら